ウイニングチケットⅡ&小松大幹のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担当の呟き。

昔、少年マガジンの時代に『風のシルフィード』という漫画を作った事があります。有難いことに多くの人読んでいただきました。ある時60過ぎのおばあちゃんの馬主さんに話しかけられ、「漫画なんて読んだことがなかったんですけど、読み始めたら止まらなくなって、泣きました」と言われました。とても嬉しかった記憶があります。ところが競馬通という人たち(競馬関係者じゃありません)から、「あんなリアルじゃない漫画やめろ」というお叱りの手紙を多く頂きました。不思議ですよね。「風のシルフィード」は小学生、中学生向きに作ったわけです。大人向けじゃない。ましてや競馬通向きに作ったわけじゃない。当然子供にもわかるように、複雑な情報は敢えてカットしたり、フィクション化せざるを得ない。リアル競馬なわけがない。そういうリアル競馬漫画あるとすれば、週刊少年マガジンではなく、週刊ギャロップや週刊競馬ブックに載るべきでしょう。もっともあれを編集会議に出した時も「なんで競馬なんかやるんだ?」とか「競馬を少年漫画でできるのか?」と反対する人も多かったです。しかし一話目の絵コンテを見たら、みんな黙りましたね。そうか感動ドラマをやりたいんだと理解してくれました。たぶんその前に『名門!第三野球部』という感動ドラマを作っていたんで、私が今度は競馬で感動ドラマをやりたいだなと即理解したわけです。それまで競馬漫画は成功例がなかったので、私も冷や冷やしました。

 後に漫画家の本島君が取材していたら(私はその現場にはいなかったのですが)、某有名ジョッキーが話しかけてきて、「『風のシルフィード』読んで騎手になったけど、あれは嘘じゃないか!」と怒っていたそうです。何が嘘かと言いますと、競馬学校の生活です。彼は「競馬学校は軍隊だ」と言うのです。それが描かれてないというのです。確かに当時の競馬学校は軍隊みたいでした。しかしそんなこと少年誌で描けませんよ。本来の趣旨とは違いますから描きませんよ。四位さん。

担当 I井

スポンサーサイト

ダメかもしらん。

ヤングマガジンの雑誌の後ろに毎度作者の近況コメントがあるのですが、8号のコメントに「記憶力をつけたいのです。」と書きまして。

同じく9号のコメントに「記憶力をつけたいのです。」と書きました。

これ、どういうことかお分かりになるでしょうか。

当然編集の方にギャグだよね?と聞かれました。

当方、もう、ダメかもしらん、ということです。


小松

担当の呟き。

この漫画はやり始めてから、言う人が出てくるだろうなと思ったら、出てきましたね。「リアルじゃない」と言い出す人。おかしいなあと私は思っちゃうんですよ。今までの競馬漫画で1番リアルなはずなんです。事実、競馬関係者、騎手、調教師、そしてスポーツ新聞の記者などというコアな人々は読んでくれています。

「リアルじゃない」という人たちは一体漫画に何を求めているんでしょうね。漫画や小説、映画などフィクションは広い意味での感動を求められているでしょう。フィクションを通じて泣いたり、笑ったり、ドキドキしたい。人間って不思議な生き物ですよね。電車に乗って、お金を払って映画館で泣きに行くんですから。「ウイニングチケットⅡ」という漫画は、競馬を取り巻く人々の人間ドラマを描いている。読者の皆さんが求めているのは人間ドラマなはずです。この漫画はジャンル的には「感動漫画」「泣かせ」に入ると思います。それを楽しんでほしいんです。

 余談ですが、作中の木戸が砂袋を両足で挟んで飛ぶ練習は、大井の戸崎圭太騎手が実際にやっていたものです。あの練習で追いだしがスムーズになったそうです。後で松岡騎手に訊いたら、ああいうことはやったことがないそうで、戸崎騎手に会ったら訊いてみると言っておりました。

担当 I井

 

ブログ開設おめでとうございます。

いやあ、小松先生、ブログ開設おめでとうございます!昨年の日刊スポーツに有馬記念予想漫画は冷や冷やしましたね。絵コンテの段階では出走馬が確定していないんだから。先生が紙上で言ったマイネルキッツは取り消すし、これで予想した馬が全く来なかったら、どうしようと胃が痛かったですね。オルフェーブルは鉄板、ブエナビスタは危ないということは当たってホッとしました。これで対抗を当てたら凄かったけど・・・。まあGⅠ馬があれだけそろったら当日の馬場状態次第で2着は何が来てもおかしくはなかったですよね。馬場が冬にしては異常によかったそうです。えっ!?ネタ元ですか?それは言えませんよねえ、先生。

担当 I井

 

ポメラ。

ぽめら
風呂場でポメラをとジップロックで防水対策。

はたしてどうなるものか。


小松

テーマ : 漫画    ジャンル : アニメ・コミック

こんちは。

第一巻
どうもこんちは。

小松大幹と申します。

いや、そもそも漫画家 と「名乗っていーのかどーなのか」問題。

いや、いーすよね。そうだろう。そーでしょう。

ウイニングチケットのブログはじめました。現在第一巻第二巻発売中です。

大好きな爆笑問題の田中裕二さんに帯を書いていただきました。

感無量の嬉しさです。

以後お見知りおきをです。

よろしくです。

小松

テーマ : 漫画    ジャンル : アニメ・コミック


単行本
赤鬼哭いた 2 (近代麻雀コミックス)
小松 大幹
竹書房 (2015-12-15)
売り上げランキング: 52,917
赤鬼哭いた 1 (近代麻雀コミックス)
小松 大幹
竹書房 (2015-06-15)
売り上げランキング: 129,844
雀獄島 (近代麻雀コミックス)
竹書房 (2014-07-24)
売り上げランキング: 143,721
ウイニング・チケット2(1) (ヤンマガKCスペシャル)
小松 大幹
講談社 (2011-12-06)
売り上げランキング: 108,993
ウイニング・チケット2(2) (ヤンマガKCスペシャル)
小松 大幹
講談社 (2011-12-06)
売り上げランキング: 95,561
ウイニング・チケット2(3) (ヤンマガKCスペシャル)
小松 大幹
講談社 (2012-03-06)
売り上げランキング: 94,011
ウイニング・チケット2(4) <完> (ヤンマガKCスペシャル)
小松 大幹
講談社 (2012-05-07)
売り上げランキング: 91,707
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。